効果的な4つの栄養素

にっこり

肺がんはあらゆるがんの中でも特に気をつけなければいけないがんの一つです。肺がんは悪性度が高く、進行が早いという特徴があります。実際に現在日本で最も脂肪率が高いのが肺がんで、毎年7万人もの人が肺がんによって亡くなっています。冠者の男女の比率ではやはり喫煙が大きく関係しているせいか、男性の比率がとても高いです。しかし、近年男性の患者数は横ばいである一方、女性の患者数は売緩やかに増加している傾向があります。また、肺は口から吸った空気から酸素を取り出し、血液に乗せて全身に運んだりするという役目をしています。つまり肺の中には血管が無数に張り巡らされています。このような性質上、転移をとても起こしやすいというのも肺がんの特徴です。

肺がんには特に有効な栄養素が4つあると言われています。癌の中でも恐ろしいがんの一つなので、普段の食事にうまく取り入れて予防しましょう。まず、肺がんに限らず体内の活性酸素は発がん性物質が発生する原因になるので、活性酸素を分解する抗酸化作用の高い食物は予防に有効です。チョコや赤ワインなどが代表的なものですが、この2つは特に摂りすぎに注意しましょう。トマトやニンジンに多く含まれるカロテノイドも抗酸化作用が高く、肺を守ってくれる働きがあります。また、案外忘れがちなのですが、水分も体内に必要な栄養素を細胞に届けるために必要なのでしっかり取るようにしましょう。最後に豆腐や納豆などの大豆製品に含まれるフィトエストロゲンには肺がんを予防する効果があると言われています。こういった食事に関して医師からアドバイスをもらえることもあります。